スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
チームバチスタの栄光


チームバチスタの栄光という小説を読んでいます。

普段は、ほとんど小説なんか読みませんが、なんとなく借りたので読んでみてる次第であります。

読み始めてみると、これがまた面白い。著者は海堂 尊さんという方です。
なんといっても読みやすい文章なんです。読んでいて引き込まれていくような文章です。

上下巻に分かれていて、上巻を読み終わりました。ミステリー小説なので、内容を書くと
怒られそうなので、物語にはまったく関係ない部分で、気になった言葉をいくつか書いておきます。

・実力があるヤツはイヤなヤツと相場は決まっているが、イヤなヤツに実力があるとは限らない。

・ルールは破られるためにあるのです。そしてルールを破ることが許されるのは、未来に対して、よりよい状態をお返しできるという確信を、個人の責任で引き受ける時なのです。

前後を読まないと伝わらないとは思いますが、いいこと言うなーと。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1
200803062356
| 自由すぎるよね。。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。